倉内沙莉の“お仕事&日常”にっき

沙莉にまつわるエトセトラ
さりんこさんの画像
さりんこ
月別アーカイブ
- 1 2 3 4 >>
いつかの帰り道  2012年09月23日(Sun)






ということで
前出の
下書きとは呼べないレベルの絵のお写真
向かって左から
順々にその進化をお伝えします。

一応左端のは
ざっくりした下書きを
一番まともに描いたので‥あれでも。
どうなるかは分かりやすいかもです。

途中経過。
きちんと下書きを書き込む。



ベタな題材で
だからこそ好き。
いいなぁって思ってしまう。

河川敷
土手からの‥



夕焼け!!

青春の1ページだわ。
ほとんどの人が
実際に通学路や近所が川沿いであったわけでもないけれど。
部活で夕日に向かって走ったわけでもないけれど。

この風景は青春の懐かしさや切なさやあったかさを感じさせます。

きゅんとなる感じです。
学生時代を彷彿させるのです。
かくいう私も特に川沿い育ちというわけではないのに。
不思議ですね。

寝るときに羊を数えるといいと言います。
実のところ
この話はアルプスの少女ハイジのような
牧草地で育ったようなコが
寝る時に思い浮かべると
よい眠りに入りやすくなるとの説。
つまり
懐かしい少女少年時代の頃の記憶を思い浮かべると
リラックスして気持ちよく眠れるそうです。
羊を数えるのが重要ではないわけで。

私もよく目をつむりながら
学生時代に何度も何度も通った通学路を
想像の中で歩いてみます。
いつかの帰り道をたどってみるのです。
遊歩道を横切って
車屋の年中掲げてある鯉のぼりが見えてきて
通っていた公文の前を過ぎたら‥

すると幸せな気持ちなって
確かによく眠れる。

そんなような気持ちを込めながら描いたのが
この絵葉書だったのでした。








Posted by さりんこ at 15:45 | この記事のURL | | コメント(0)
- 1 2 3 4 >>
QRコード
さりんこのブログをモバイルでアクセス

リンク集
<< 2012年09月>>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。